しまなみ瀬戸田・今治市能島潮流体験記

安芸灘諸島連絡架橋

芸灘諸島連絡架橋(あきなだしょとうれんらくかきょう)は、本州側の広島県呉市とその南東に位置する安芸灘諸島の島々を結ぶ、8つの橋梁(総延長:約 5,300 m)の総称である。

 

現在、8号橋(名称未定)を除き供用されている。8号橋は計画段階であり事業化されていない。

 

2008年8月28日、公募により1号橋(安芸灘大橋)から7号橋(岡村大橋)の区間愛称が「安芸灘とびしま海道」に決定した。また、「しまなみ海道」をもじって「裏しまなみ海道」と呼ばれることもある。また、5号橋から7号橋までを含む大崎下島から岡村島へと至る区間には「安芸灘オレンジライン」の愛称がある。

 

将来的な構想として、大崎上島から広島県竹原市への架橋計画、岡村島から4本の橋により小大下島、大下島、柏島を経由し大三島へ繋ぎしまなみ海道に接続させる西瀬戸自動車道(しまなみ海道)計画がある

 

ルート

総延長:約 5,300 m(8つの橋梁の総延長)
区間:本州 - 下蒲刈島 - 上蒲刈島 - 豊島 - 大崎下島 - 平羅島 - 中ノ島 - 岡村島 - 大崎上島
下蒲刈島から中ノ島までは広島県呉市、岡村島は愛媛県今治市、大崎上島は広島県豊田郡大崎上島町に属する。

 

ウィキペディアより

 

とびしま海道について